FC2ブログ
SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
3/3の効果。
2010年09月10日 (金) | 編集 |
一晩中寝ずに祈ろう。
と意気込んだものの、気がつけば朝6時!
メルシイの写真を持ったままグースカ寝てしまいましたわ。
情けない!

それから面会に行くお昼過ぎまでメルシイにパワーを送り続けました。
昨日はお昼頃先生から経過報告の電話があったのに、今日は掛かってこない。
良い結果なら知らせて下さりそうなのに、・・・

そうなんです。
最後の1/3の薬の効果は・・・残念ながら、でした。

血栓の大きさがかなりあったので、
薬は作用したものの、脚の血流改善に繋がるほどの結果は出なかったということでした。

溶けなかった、ということは、
その血栓がとどまって脚の血流が悪いままになる、
その血栓が心臓や脳や他の場所に流れてまた大変な事になる、
その可能性が高まったということ。

可哀想なメルシイ。
病室のメルシ100910_144520 病室のメルシ100910_144717




しかし、わたくしが訪ねた午後2時半、
メルシイの脚が右足片方だけ、微妙に温度が高い事に気付きました!
先生に告げると、どれどれと診て・・「確かにちょっと温かいかも」
朝一番の薬で、そのあと午前中に調べるそうですが、その時は「改善なし」。
でも、それからすこーしだけでも、血栓が溶けて血が流れてるのかもしれません。

ただ、それがどのくらい希望を持てることなのか、先生も断言はできないそうで。

さらに、先生が両足を触ったのを嫌がったメルシイ。
壁に寄りかかって座った姿勢になり、一瞬ヒョイと左足を高く上げて
毛づくろいをしたのですわ!
左足は冷たいままなんですけど。
先生もこれには「あれっ?」とちょっとビックリしていました。

先生の説明によれば、血流が止められてしまうと、
「体が自動的に危機を感じて新しい血管を作る」ことがあるとか。
血栓も少しは小さくなっているかもだし、
もしそうだとしたら、ちょっとは希望が残されてるかも!!

先生はそれほど期待してはいないようでしたけど。
「あとは運任せの部分もあるし、マッサージとかも効果あるかも。医療として出来る事はやりましたので」とのお話。
うーん、微妙。。
「これ以上、ムリ」って事ですものね。


今日は昨日より反応もあり、顔の表情も出てきました。
持参した新物のさんま(超大好物)は食べなかったけれど、
近づけるとクンクンと匂いをかぐしぐさもありました。

おなかに手を当てていると、呼吸がちょっとスローになってきて、
そのうち下あごをクルッと差し出して「撫でろ」と命令。

ICUも卒業できて一般病棟入りしたし、見た目はずいぶん回復したようにも思えましたの!



メルシイはすごく辛いながらも、頑張って生きようとしているのだと思いましたわ!

高価な薬で血栓をやっつけることは出来なかったけれど、
さらにわずかな望みでも、希望を捨ててはいけないのですよね?

メルシイが少し元気を見せたこと、
少しだけでも血流が良くなったかもしれないこと、
皆さんの応援の効果、大かもしれませんわね!!

ありがとうございました!

あ、でもこれからが本番かもしれませんので、
またよろしくお願いします。。。


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック