FC2ブログ
SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
お願い生きて!メルシイボク!!!
2010年09月08日 (水) | 編集 |
明日のシゲの命日を前に、大変な事になりました。


既にミミとシゲを亡くしているわたくしにとって、
マロンとメルシイがこの世に存在してくれている事、
元気でご飯を食べてくれている事はひとつのいえ、ふたつの奇跡です。
毎日彼らにもその事を伝え、感謝感謝で過ごしていました。

でも、やっぱりまた来てしまいました。
メルシイに。。。試練です。

メルシ文句ある?2



今朝4時45分頃の事です。

メルシイの「ああああん、ああああああん!」という大きな鳴き声。
たまにこの時間にも小さな虫を見つけたか何かでハッスルしている事もあるんですが、
ちょっと違う・・・
必死にわたくしに何かを訴えてる声だったのですわ。
寝室のドアの下の隙間からわたくしを呼んでました。

慌てて電気を点けてみると、
なんとメルシイが苦しそうに転がっています!
しかも、脚の力が抜けたように下半身を引きずりながら。。。
マロンが心配そうにメルシイの周りをウロウロ、オロオロ。

余りに突然でビックリしましたが、
尋常じゃない様子に、かかりつけの習志野の先生に電話をかけます。

しかし、留守電掛け忘れ??・・通じません。
その間にも大声で叫びながら「のたうち回る」メルシイ。
私の手を手で引き寄せる仕草もあり、
「たすけて」という言葉を感じました。

やむなく24時間の救急病院へ連れて行きましたの。



少し待たされて、出てきた先生の説明によれば、
「心筋症の可能性が高いです。心臓から流れてきた血栓が大動脈の枝分かれしてる所に詰まっていて、
下半身に血が流れていないようです。」
とのこと。

それから検査をしてもらい、予想通りの心筋症であることが判明。


心筋症。
皆さんはどんな病気かご存知でしたか?

猫を飼い始めて15年。
でも、うちの猫や知り合いの猫に関わりのない病気については無知なわたくし。

先生が詳しく病気の深刻さを説明してくれます。
「心臓が肥大したりしてポンプがうまく機能していないんです。すると血栓ができてしまい、
その血栓が血管のどこかに詰まってしまうと強烈な痛みを伴う血流障害が起きるんです。

今は脚が動かず冷たくなっているので、この辺りに血栓がつまっていると思われますが、
血栓もひとつとは限らないので、他の場所でも起き得るのです。

治療は、血栓を溶かす薬を投与しますが、これが1本7万円以上します。
この薬で「上手く行けば」血栓が溶けて血流が戻り、ある程度は歩行も可能になります。

そして肺水腫も起きているので、これも薬で水抜き治療しないと呼吸困難は治りません。
ただ、腎臓の数値が悪く、この水抜き作業も危険を伴います。

そして上手く危機を脱したとしても、またいつ血栓が起きるか予想がつきません。
心臓や脳で起きれば致命傷です。他の部位でも助かるかどうか・・・
元気になっても、そう長くは・・・一年とか、中には数回繰り返しても生き延びている子も
いますが、平均的には・・・

しかし、これだけ保証のない治療でもやらなければ、最悪、数日の寿命になるかも。
脚も既に細胞が死に始めていますから、壊死してきてしまいます。

大変な決断ですが、発症後4時間以内に薬を投与しないとなりませんので、
難しい選択でしょうが考えてください。」

いきなり恐ろしい情報と共に、今すぐの決断、と言われても・・・

集中治療室で1週間くらいの入院、としても数十万!
おおおお、イタイわ・・

とはいえ、今ココで苦しんでいるメルシイを救ってやる以外に選択肢は
ありませんわよね!

それですぐにその治療を開始してもらいましたの。
発症から3時間経過していました。

酸素室で酸素吸入、痛み止めも打ってもらい、まずはそれが効いてきたのか
駆け込んだ当初に比べたらかなり落ち着いた様子に。

採血もレントゲン撮影も相当抵抗を見せたメルシイ。
元々かなりの小心者+人見知り+暴れん坊ですからね、
激痛と呼吸困難を忘れるくらい怖かったんだと思いますわ。。
ゴメンネ、メルシイ。
訳分からないよね??

それでも何とか治療もでき、とりあえずは沈静の方向へ。

入院ケージは手術台のすぐ脇にあり、
朝8時半くらいからは続々と他のスタッフが出勤してきたので、
ICUに張り付いているのも迷惑だろうし・・・
ひとまず帰宅しました。


昨日の夜までめちゃくちゃ元気で、
久しぶりの鶏のささみも山盛り食べて、
おもちゃをくわえて「あそぼ!」と持ってきたり。

未来って、本当に一寸先も分からないものですね。

可愛くて一途で甘えん坊のメルシイ。
1歳で他界したシゲの分も生きるんだよ!!

とにかく、その高価な薬が効くかどうか、
ここ数日がひとつの山です。


どうか、いつもこのブログを読んで下さる皆さまも、
たまたまここへ初めて辿り着いた方も、

一緒に祈っていただけませんか?

応援ポチ、是非お願いします。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ほんとに心配です。
今、ブログを見て、びっくりしました。
苦しくて、のた打ち回ってたなんて、
メルシィちゃん、可哀そうに・・。

元気になることを心から祈ります。



2010/09/08(水) 21:40:32 | URL | さくら猫 #dz8GzO.w[ 編集]
ガンバレ、メルシィちゃん!
メルシィちゃん、大変なことに。とても急でビックリしました。
TOKITTYさん、ご心配なお気持ちお察しします。
心筋症の診断だったのですね。
病気って私も無知です。
でもスグに救急病院へ行ったのが良かったはずです!
大丈夫です!
メルシィちゃんの強運で回復です!
そして私も回復を心底祈っています。
『頑張れ、メルシィちゃん!!』
2010/09/08(水) 22:16:52 | URL | まりん #z8Ev11P6[ 編集]
ありがとうございます。。
v-22さくら猫さんへ

早速のコメント有難うございます!

夜になって心臓の専門医の先生から連絡がありました。
メルシイの血栓はかなり大きくて、手強そうです。
でも急激に溶かすと、その破片が心臓に回ってしまう恐れもあるので、ゆっくり慎重に投薬してくれているそうです。
様子は落ち着いているそうですが、油断できない状況には変わりないそうで。
親として、祈るしか出来ないって歯がゆいですね。
「気」のでるお守りをICUに入れてきました。。

ご心配おかけします。


v-22まりんさんへ

メルシイへの応援有難うございます!

家に帰って「心筋症」調べたら、
やはり処置が早ければ早いほど良いそうですね。
中には「30分以内に診療開始が望ましい」という医師もいて。
でも、掛かった市川の病院(まりんさんもご存知のはず)では
4時間以内にという話でしたから、ぎりぎりセーフだったのでしょうか。
「命をとりとめて、歩けるようになる確率は3割」と言われました。
でも全快したネコちゃんのブログもあり、・・・
望みを捨てずに頑張りますね!!
2010/09/08(水) 23:02:52 | URL | TOKITTY #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック