FC2ブログ
SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
シゲからの贈りもの。
2010年07月04日 (日) | 編集 |
シゲの死は、覚悟を決めるに充分な時間をくれたけれど、
そうはいってもやはり居なくなると寂しいものでしたわ。

マロンもしばらくは元気なかったし

・・・そんなシゲの居ない暮らしにも慣れた頃のこと。

そうです、やっとメルシィの登場ですの

それはシゲが死んで8ヶ月経った2007年6月半ば。

突如、シゲがお世話になった病院の看護婦さんからの一本の電話。
「実は昨夜、うちの病院の前に仔猫が捨てられていて、まだすごくちっちゃいんですけど、
キジトラの男の子でカワイイ子なんで、tokittyさんちにどうかなと思って・・」

急なお話でハイともイイエとも言えず、とりあえずFAXで写真を送っていただく事に。

FAXの写真はあまり鮮明ではなかったけど、
それより、実際会ってみて『フィーリング』を確かめてみたい。
マロンもそうだろうし。

なんて思っていたところに、夫が帰宅。
「さっきさあ、実家から出てきたら階段の下でキジトラに『待ち伏せ』されてて、
しかもシゲかと思うくらいソックリなの!足元でなんか言いながらグルグルまわって、
そんでスッとどこかへ行っちゃったけど、何だったんだろう??」

病院からの電話とほぼ同じ時間の出来事

それってシゲでしょー?
「あのさあ、きのうさあ、病院の前に仔猫置いておいたからよろしくね
ねえちゃんも淋しそうだしさ」
なんて言ってたかどうかはわかりませんが。

とにかく会いに行きましたよ

看護婦さんが連れてきた仔猫は生後ひと月余り?
(ってことはシゲと誕生日も近いわ!)
ちっちゃかったこと!!
看護婦さんが手のひらにタオルを載せてその上で腹ばいになっていた仔猫は、
気持ちよく寝ていた所を起こされてピーピー鳴いてましたわ。

「うわあこんなにちっちゃい子、ちゃんと育てられるかしら?」
とか言いつつも、既にわたくしは彼にフォーリンラブ

早速マロンとお見合い合宿。

そして結果は。

maron merci 1st hug

もちろん、大歓迎のマロンですわ!

2,3日でもう大丈夫とは思いましたが、念のため1週間様子見ということで、
この子を「ボクちゃん」と呼んでましたの。


そう。もうお分かりですね。・・・
名前はこのボクちゃんを活かして、
「メルシィ・ボク」ですわ!
生まれてきてくれてアリガトウ、ウチの子になってくれてアリガトウの意味も込め。

生後二ヶ月にも満たないメルシィ、どんなに小さかったかご覧頂きましょ!

ミニチュア猫2ミニチュア猫ぼく、スリッパ大好き。20070711-2.jpg


仔猫というものはみるみるうちに大きくなっていきますわね。
もう少し大きくなったメルシィはまた次回に見て下さいませ


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
マロンちゃんと相性が良くて、良かったですね。
メルシィちゃん、ほんとちっちゃくて可愛い(=^・^=)

ちなみに、うちのさくらは多頭飼いできない子なんです。
他の猫ちゃんと上手くいかないんですよね~

メルシィちゃんの後編も楽しみにしてますね。
2010/07/06(火) 19:45:22 | URL | さくら猫 #dz8GzO.w[ 編集]
さくら猫さんへ
さくらちゃんは、多頭飼いお断り猫さんなんですかー。
考えてみれば、「兄弟よ」って言われて他人がいきなり同居することになるんですから、受け入れるのは難しくて普通ですよねー。
でもそれゆえ、そんなさくらちゃんにココロ許してもらえるさくら猫さんは嬉しいですわね!

余談ですが、マロンは人間全般OK、猫は子猫全般OK、でも大人猫に対してはめちゃ警戒します。
知らないノラが庭に入るなり、スンゴイ大声で威嚇するのですわ。家を守るつもりかしらん?
婦人警官猫?とも言われてますの。
2010/07/08(木) 00:04:47 | URL | TOKITTY #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック