FC2ブログ
SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
桜と少年とおじいちゃん。
2012年04月10日 (火) | 編集 |
Spring has come!


春がやって来ましたね~!
皆さまはお花見はされましたか?


sakura fog sml
(今年のではないですが・・キレイに撮れたのでしました)

桜の花は皆さまお好きですよね。
(キライって日本人はいないでしょう

しかし、
TOKITTYは儚すぎてどうも・・単純に歓べないのですわ。





今から11年前、
わたくしの最愛の祖父が96才で亡くなったのが、4月24日でした。

その一週間くらい前に見舞ったのが最後でした。
病院からの帰り道、道路脇の桜並木の花吹雪を見て
「桜が散っちゃうなあ。。」と想ったとき

何となくおじいちゃんが逝ってしまう事を予感しました。


kouzaburouportrait.jpg
(本人の希望でこれを遺影にしましたの)



実はその9ヵ月も前に危篤状態になり、
「今日明日の命」と言われて5日後、
一人で付き添っていたわたくしの夢枕に出てきて
「明日、ローザンヌへ還ることにしたよ。お世話になったね
と言いました。黄色い光の中でニコニコして。
「えっ!?ローザンヌって何?どこ?還るって??」と
混乱するわたくしを置いて、
スーッと光の中へ消えてしまいました。
(ローザンヌはスイスの都市ですが、未だになぜローザンヌだったのかは謎のまま)

今思えば間違いなく別れの挨拶でしたわね。
しかし、生命力強靭な彼は、延命医療技術により9ヶ月も生きたのです。


うっかり死に損ねた!!?らしいおじいちゃんが、
次に狙ったのがこの桜の季節だったのかも!!?

桜の花びらと共に、空へと旅立った・・そんな感じでしたの。

小さな家の庭に
桜の木の他、沢山の花や果物を育てるのが好きだった
いかにも彼らしいタイミング!


そうなんです、
桜を見ると、あっというまに散ってしまう命を連想するんですわ。




んで・・・

最新作は生命力タップリの2才の愛猫チー。


cherryblssmwchi smlDSC_2781 
        「桜と少年」



儚いからこそ美しいものよ、
思いっきり咲きなさいね




chi face sml 
        あいよっ








スポンサーサイト