FC2ブログ
SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
全然怖くない怪談?
2011年08月07日 (日) | 編集 |
久しぶりに、既に星の王子様になったメルシイのこと。

merci img1
            地球のみんなは元気かにゃ?


今でも毎日、メルシイの骨壺を抱えているTOKITTY。

少し前の事ですが、
夜中に立て続けに恐ろし~い夢を見ましたの。

たまにある事なんですが、
とにかく文字にするのも怖い?ほどの悪夢。

その夢がまだまだ続くかと思いきや、突然、


merci img2
            ねえちゃん、起きてよ!


メルシイがわたくしの顎を噛んできたのですわ!

え?
なんでそれがメルシイだって言えるのかって??

そんなことをするのは彼しかいないから。

メルシイは別名「カミカミ王子」。



メルシイは3年4か月の生涯、噛み癖が決して直りませんでしたの

突然ガブリ!ときて、喰らいついて離れない。

merci img3
                 ねえちゃん、愛してる!


スキスキスキ~の表現だったりすることが多いのですが、
あまりに痛いのでみな困惑していました。

でも今回は、わたくしがうなされているのを見ていて、
「奥の手」を使ったのかもしれないと思うのですわ。

この他にも、そおおっと私の身体の上をまたいでいる重さ
(「細い棒状のもの」=メルシイの脚?が身体の右から左へと移動している感じ)
をはっきりと自覚したり。

本来ならめちゃめちゃ怖~い話だけれど、
メルシイが起こしてくれたのだとしたらめちゃめちゃウレピイ

いつも見守っていてくれてありがとうね!メルシイ・ボク


IMG_0004_convert_20110808074252.jpg 



今日のおまけ。

暑さの戻ってきた今日この頃、
こんな絵ならちょっと涼しさ感じるかしら??

ストーリーはご想像にお任せしますわ


iceberg+cat+rescue_convert_20110807232712.jpg





スポンサーサイト